塾長ブログ

2018/07/27

洪水後処理

洪水後処理
戦後処理と言ってもよい 緊張感のある戦争中と違い、戦後処理の方法は各家庭で違うし、復興スピードも異なり一律ではない 住み替えを考える人もいるし、既に空き家になっている家も散見される、親戚の家に身を寄せているのだろうか 不動産的観点から一つだけ言えることは、このあたりの不動産は値が付かないということ 一夜で資産価値は低減したというより、今は価値がなくなってしまっているので、売

続きを読む
2018/07/23

近所のゴミの山とゼロ戦

近所のゴミの山とゼロ戦
「近所のゴミの山とゼロ戦」と題して書く・・・・ ここら一帯は2240件浸水したというから大規模浸水だ テレビでは一切報道せず真備地区ばかりしか取り上げないのはおかしい 報道機関がやっていることは滅茶苦茶だ より悲惨で報道価値のある情報ばかり提供し、広く現実を知らせる努力をしない 視聴率第一主義をこういう時でもやっている 酷いものだ 浸水したそれぞれの家

続きを読む
2018/07/23

社長の失敗Ⅲも被災

社長の失敗Ⅲも被災
一階で寝ていて被災した そこの枕元には発刊したばかりの「社長の失敗Ⅲ」が置いてあった 置いてあったのは読んで寝たからだ 寝たのは10時頃 その四時間後にはとてつもない恐怖が襲ってくるのだが・・・ そして水が一階の畳の間に押し寄せでこのようになてしまったとうわけだ

続きを読む
2018/07/17

被災者になる日

被災者になる日
10日ぶりにパソコンに向かう かつてこれほどパソコンを開けなかったことはない パソコンを開けないということは、仕事をしないということと同義語だからだ 先の「西日本豪雨」で被災してしまった かつてこれほど自分の「持ち物」が一瞬で水泡に帰したことはない あの日近所の「砂川」が決壊し、大量の水が押し寄せて来た 夜中の二時ごろだった その日たまたま一階の和室に寝て

続きを読む
2018/07/02

ポーランド戦に塾長として一言

我々の年代は野球少年のエイジであり、特にサッカーに興味が深いわけではないが、 ワールドカップの予選通過がかかったポーランド戦の戦いについてコメントしておく 無論、男塾的観点から見ての価値観に基づいて述べる 世間では「是非」が分かれているというが、「西野監督は英断をした」「苦渋の選択であったろうが、勝たせコマを進めた西野監督は立派」という評価が優勢だ 決勝トーナメントに選手を

続きを読む