塾長ブログ

2020/02/05

石原裕次郎

石原裕次郎
めったに書評のことは書かない主義だが久しぶりに書きたくなったので書く。 人生=読書=執筆、のような生活をしている。 職業柄難しい専門書を読むことが多いが、息抜きに雑本も読む。 "雑本"とは失礼かもしれないが、目的なく読む本のことだ。 最近、石原裕次郎の復刻版「人生の意味」というタイトルの単行本を買った。 2000年初頭に出版された本に、兄の石原慎太郎と裕次郎の対談とエ

続きを読む
2020/02/03

これから始まることは株価の下落

新型コロナウイルスの蔓延によって、中国観光客の減少による国内消費の減少が東南アジア、韓国、日本で顕在化している。 終息には数か月かかるのは筆致だ。つまり長期戦となる。 中国人の消費だけならば実体経済に及ぼす影響は限定的だが、日本人自身による消費減退により実態経済に一層の陰を落とすこととなろう。国内海外旅行の手控え、人が集まる施設へ敬遠などが予測されるからである。当然、一般消費は落ち込む

続きを読む
2020/01/28

新型コロナウイルスは生物化学兵器であり、テロだ。

表題の内容の男塾を渾身の思いを込めて徹夜で書か、この26日には早くも配信した。 結論 あれは自然発生的な流行病ではなく、人民解放軍が開発し貯蔵する生物化学兵器である。 それを使用してテロをやったもの。 目的は習近平体制の転覆、一党独裁の中国共産党の崩壊だ。 これで習近平が国賓で来日することは200%なくなった。めでたい! 中国瓦解は秒読みに入った。 その後

続きを読む
2020/01/20

阪神大震災の日

日本を襲う近年の大災害は阪神・淡路大震災から始まったと言ってよいだろう あれから25年・・・・・・35歳の僕は60歳になった 当時、社会党の村山富市が首相だった 自衛隊は違憲だとする社会主義の兵庫県知事は、震災発生当時に自衛隊派遣要請を拒み数千人もの余分な命を奪った もう取り返しがつかない 当時の法制度では、自治体の首長から自衛隊の出動要請がない限り動くことができなか

続きを読む
2020/01/17

陽暉楼(ようきろう)で男塾

陽暉楼(ようきろう)で男塾
高知の「得月楼」という明治2年創業した、150年の歴史のある高級料亭で西日本「男の中の男塾」を開催した 今はこの名前だが、ここは夏目雅子主人公の映画 鬼龍院花子の生涯 の舞台になった 陽暉楼 であった由緒あるところだと知り驚いた ここで開催できたのも、高知の男塾、池内社長の人脈のおかげだ 男塾のあとは、土佐流

続きを読む