塾長ブログ

2020/07/31

安倍政治は政治になっていない

武漢で新型の感染症が猛威をふるっているのに、中国からの入国制限をしたのは3月9日、これば米国と比べて42日も遅れた。

その間に春節もあり、感染した中国人はアンケートに「問題なし」と書けば自由に入国できた。

そして国内にウイルスをまき散らし国民は多大な被害にあった。

すべて政治の責任である。

アベノマスクは不人気で国民の誰もつけていないのに、再び8000万枚配布しようとしたら、野党の追及にあって計画はとん挫し、カバにそっくりな加藤厚生労働大臣は、「要望のある施設にだけ配布し、後は在庫にしちゃう」と、言い放った。

ゴートゥーキャンペーンでも反対にあったら東京外しをした。


「批判を受けたら計画変更をする」、そのような政治を安倍内閣は繰り返している。

そこには何の信念もかんじられない。

これだけ不人気なアベノマスクを再び8000万枚配ろうとした政府の行動はおかしいとは思わないか。何か裏がある。

今度は全て中国製だという。280億円も使ったと言うではないか。

多くの中国人をまして何が嬉しいのやら。



保守の連中は何をしようとも盲目的に安倍を支持する人がいる。

櫻井よしこもその一人だ。

このおばさんも、安倍と仲良しになり批判を封印している。まっご都合主義だ。

三度講演会に行ったが、がっかりである。

僕は安倍政治をまったく評価しない。

民主党、社会党政治とさして変わららず、どうだろうか10点いかないのではないか。

安倍の成したこと・・・・

「消費増税」
「デフレ脱却の失敗」
「2%インフレ目標の未達」
「アベノミクスという幸福実現党の政策を100%パクリ、オリジナルの経済政策と成果にするずるさ」
「親中外交」
「習近平国賓来日要請そしてコロナ禍があっても国賓来日を取り下げない媚中」
「北朝鮮拉致事件未解決の無能」
「韓国への弱腰外交」
「コロナ政策の数々の失敗」
「非常事態宣言による経済の沈没」
「香港を見捨てる中国を向いた外交姿勢」
「桜を見る会における国税の私物化の常習化」
「補助金助成金で票を買う安倍政治」
「与党2/3の議席を確保し憲法改正できたのにやらなかった無作為の罪、要は掛け声倒れの憲法改正で保守票を買った」

・・・・どれも酷い

彼は一体何を成し遂げたのだろうか?

ただただ、首相在任期間最長というだけで政治的には何の成果も出しいない。



また、彼は外交が得意としているようだが、

外交的成果などない。

まっトランプの仲良しになったくらいだ。

あとはいたずらに旅行しているだけにしか過ぎず、

とうとう親日のプーチンも相手にしなくなった。

外交得意と言いつつ、まったく成果につながる外交になっていない。

保守の論客は何処を見て好きなのか聞きたい。

一日も早く退陣すべき。

鳩山、菅内閣よりはましだが、社会党村山内閣と大差ない。